• 注入されるグラウト

    グラウト、それは工事現場で使われる薬液で、さまざまな「隙間」を埋めるために注入されるものです。組み立てた素材の隙間を埋めて、グラつきなどを抑え、安全第一に貢献するものなのです。

    Read more
  • 太陽光の力

    近年から、ソーラーシェアリングという言葉が注目されています。これは、太陽光発電の電力を利用して、生産を行い、売却するというシステムです。ソーラーシェアリングは自然の力を利用して、利益を得る事が出来ます。

    Read more
  • エコ対策

    地球温暖化に伴い、近年からエコという言葉をよく耳にします。エコ住宅やエコ家電など、身の回りにエコなアイテムが色々とあります。エコ住宅に欠かせない存在となるのが、太陽光発電システムです。

    Read more

防災のために

防火対象物点検についての基礎知識

防火対象物点検とは、平成13年9月1日に新宿歌舞伎町で発生した小規模な雑居ビルでの火災で、44名の方が亡くなった事件を契機にして改正された消防法により定められた制度です。 防火対象物点検は消防法の第8条2-2に定められていて、防火対象物の管理に対して権原を持つ者は、防火対象物点検資格者に必要事項を点検させて、結果を消防署長に対して報告する事を義務付けています。 この点検を行った結果、防火対象物が基準を満たしている場合、点検済である表示ができます。 防火対象物点検は、総務大臣登録の登録講習機関が実施する講習を修了して、免状の交付を受けた者が行わなければなりません。 防災対象物点検は、資格者が在籍する点検事業者に委託できます。

防火対象物と点検項目について

防火対象物は劇場や飲食店、店舗、ホテル、病院、地下街などの広範囲な公共設備や多くの人が集まることができる建物は対象となっています。 ただし、全体の収容人員により条件が定められていて、収容人数が10人未満の場合には点検報告義務は発生しません。 詳細は事細かに定められているので、判断ができない場合には消防署等に相談して確認する必要があります。 防火対象物点検の点検項目として、防火管理者の選任の有無、消火・通報・避難の訓練を実施しているか、避難階段に避難時に障害になる物が放置されていないかなどの項目があります。 また、防火扉が障害物により正常に機能しなかったため、多数の死傷者が火災が発生した教訓として、防火扉の閉鎖に障害を招く物が放置されていないかなどの点検項目もあります。 防火対象物点検の虚偽表示を行った場合には、30万円以下の罰金または拘留という罰則があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加